上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
椅子
1年ぶり位に鴨池の市立図書館に行ってきました。
広いです。そして本がいっぱい。(´Д` )
今回の目的は欽ちゃんの本を借りる事でした。
『ダメなときほど運はたまる』
先日、ロルファー仲間とSkypeした時に話題に出てきた本です。

読んでいくと『運』というものを生きている中ですごく取り入れているのがわかりました。

欽ちゃん的に運を分類すると『生れながらの運』『誰かが持ってきてくれる運』『努力した人の元へやってくる運』の3つになるそうです。そして『だれでも運と不運は平等にくるよ』っておっしゃっています。

生まれながらに持っている運は人それぞれ違うそうですが、平穏無事な環境だとその後『運』が溜まりにくくて、むしろ大変な環境で育った方が『運の貯蓄』が行われているそうです。

この本を読んで2つパッと頭をよぎった事がありました。

ひとつは普段何か良い事あると『ラッキー』とか『ツイテル』って言ってるそうなんです。それを友達に指摘された事があります。
「なんでもかんでもラッキーって言って、そんな事で俺は運を使いたくない」
それを言われた時は、「ラッキーと思えたから良いんじゃないかなって」そんなに気にしていなかったんですが、今思えばかなり核心を突いていた事を教えてもらってたんだなって思いました。

そしてもう一つよぎった事は、この『運の話』は『身体の話』にも繋がる!(^ ^)
読んでる最中はそれに気づかずにモヤモヤしていましたが、読み終わってポカンとした時にパッとそれが浮かんだんです。
欽ちゃんは凄く大事な事を決める時に運の事を基準にしているそうです。
自分の意思より『運』や『運の流れ』を大切にしています。

身体を窮屈にしてる人は頑張りすぎている人が多いです。それも無意識に頑張って身体を固めてる人が多いです。
人は何かをしようとすると自分の中心に向かう収縮方向の力が入ってしまいます。
セッションではそれをイメージなどを使って外に伸びる方向にリードしながらニュートラルな中立の位置までもっていきます。
例えば誰かに手を引っ張ってもらってるような感じで動かしてもらいます。
また自分の身体と思わずに自然の一部としながら動かしてみると楽に動かせたりしていきます。

自分の意思だけで身体をなんとかしようとすると、窮屈な状態から抜け出しにくいですが、もっと他の大きな存在(自然や環境)などに委ねて動かせてくると、少しずつ楽になってきます。
この大きな存在が欽ちゃんには『運』や『運の流れ』なんだろうなって思いました。

けっして努力は必要ないって言ってる訳ではありません。
努力の方向性を変える事でいろんなものが変わってくるんじゃないかなっていう提案です。

私には運の流れはわかりません。そんな世界があるのかもわかりません。
だけど運の流れを感じられる欽ちゃんが本の中で言ってます。

『辛い環境で過ごしている時期は、生きているだけで運の貯蓄が行われている』って
『だれでも運と不運は平等にくるよ』って


からだのみかた Rolfing
完全予約制
http://karadanomikata.p2.weblife.me

体にとっての100%不調はありません。ちょっとでも良い箇所を手掛かりに不調の波を一緒に減らしていきましょう。
2017バイオws4
今年も、キャロル先生のクラニオバイオのWSに行ってきました。
今回は
『gut tube,腸管』の発達についての追求(口から肛門、生命維持の最初の器官)
・腎臓の発生段階とワーク
・腸管の発達と『へそ』との関係性にワーク
・歯科治療、歯科矯正へのワーク
・循環器、心臓系へのワーク

胎生学を学びつつ、交換セッション。

触れる前の状態、触れる時、今まで意識してやっていた事なんですが、今回復習することでこの準備の段階がいかに大切かを感じました。
そしてキャロルの言葉でのガイドによって、より鮮明に、よりスムーズに知覚をコントロールし易くなりました。
あの音声をお店のバックミュージックにしたい位です(^^)

今回、腸管の入口である口、そのエリアの上顎骨や下顎骨にワークする事がありました。
歯科矯正や歯科治療をしている人は、顎の周りの知覚が薄れていたり、無かったりするそうなんです。
今回のデモモデルの方に聞いてみると、そんな状況でした。
でもよく考えると、周りには歯科治療や矯正されている人は大勢います。
そんな人達みんなに、是非提案したいワークです。
「顎の知覚が失われている?ん?なんのこっちゃい」って言われるかもしれません。「普通にご飯食べる事も出来るし、話す事もできるよ」って。
でも顎の知覚が失われている方は他の部位も緊張が強い傾向があるので、顎の感覚をキャッチしづらい事が多いです。気付きにくいようです。
そして知覚が失われているという事は脳との神経系にも支障が出ているという事です。周りとうまく連携が取れていない。取れているように見えるけど、実はもっとスムーズな快適な関係性を築ける状況です。
体は一緒でも神経系がスムーズなると動きが変わってきます。

大事に事は『感覚のほとんど無い箇所があるという事を気づける事』そして『そこに目を向ける事』
ひとりでも出来ます。ですがガイド出来る人がいるとより気づける幅が広がります。

このワークはロルファーの田畑さんから学んだワークですので、クラニオコース以外のコースで受けられますので、歯科治療された方はぜひお試しください。
顎以外の場所で感覚が薄いなって気づいた方も、一度お問い合わせください。
脳との連携、筋膜の連携を取っていきましょう〜

2017バイオws1
最後にみんなで集合写真を撮りました。
座学は難しい時間帯もあったけど、初日のペアワークで何年かぶりにど緊張もしたけど、終わってみたら両手いっぱいのギフトをもらってきた感じです。
これから鹿児島でこのギフトをシェアしていきたいと思ってます。

からだのみかた Rolfing
http://karadanomikata.p2.weblife.me

種オーガニック⑴
今週末、ボディワーカー2人で身体についてのお話会を行います。

facebookページで紹介したり、お気に入りのカフェにチラシを置いてもらったりしたのですが、それ以外では助産院や産婦人科のスタッフの方にもチラシをお渡し致しました。
クラニオ・バイオは生命を見守るようなワークと言われています。
ワークの場を安全に保ちながら触れていきます。
身体が持つリズムをジャマする事なく、だけどひとりぼっちにもせず。
この辺りが個人的には育児に似ているのかなって思ったりしています。
『育児』→『お母さん』→『妊婦さん』→『助産院』

⑴ 育児に頑張ってるお母さん、お腹の赤ちゃんと一緒に過ごしている妊婦さん、沢山の命に触れている助産師さん。
そしてお腹の赤ちゃんにもボディワークの世界を少し知って欲しいです。
産婦人科で働いている受付の方や事務スタッフの方にも聞いてもらえたら嬉しいです。

そして今日も一件、産婦人科へチラシを持って行きました。その帰りにふと思った事があります。
助産師さんは出産に立ち会ってる際はすでにクラニオ・バイオのような状態なのではないか?
そうだとするとクラニオ・バイオを今後探求していく際の学びの先生的な存在なのでは?

もし身近でボディワークに興味のある助産師さんをご存知でしたらご紹介下さい (^ ^)

⑵ そして身体の不調な方、自分自身と身体がチグハグな感じのする方。

身体はほっとかれると孤立して不調になりやすいです。逆に過保護にし過ぎても不調になりやすいです。
その塩梅が大事です。そのバランス能力を養うことが必要です。

23日に来れそうな方は答えを一緒に見つけていきましょう〜


◎ ご予約&お問い合わせ先 ◎

からだのみかた Rolfing
080-5389-4342
rolfing.kagoshima@gmail.com

◎ イベント ◎

日時:9月23日(土) 10:30-11:30
会場:鹿児島青年会館 艸舎
参加費:1,500円

午後からは個人セッションを受けることが出来ます。(事前予約が必要です)

【クラニオ・バイオ体験コース】
クラニオの問い合わせが最近続いた事、そして10月に鹿児島でクラニオ・バイオのワークショップが開催されるという事もあって、説明&体験コースを作りました。

 60分・・・3,500円(9月限定)

※伊敷台の店舗『からだのみかた Rolfing』にて施術を受けられます。
※事前予約が必要です。



イベント
◎午前の部
【クラニオ・バイオ説明会・お話会】

日時:9月23日(土) 10:30~11:30
会場:鹿児島青年会館 艸舎 1F 和室
   鹿児島市下伊敷一丁目52-3
   駐車場あり、バス停「下伊敷」すぐ
参加費:1,500円
講師:
ボーノさかえ(Bodywork Space ヨガ・クラニオ/種子島 主宰)
平原 健志(からだのみかた Rolfing 代表)

◎午後の部

【個人セッション】
日時:同日  13:00~17:00
料金:5,000円(60分)、ショートコース3,300円(40分)

希望があればYieidワークも受けられます。そして40分のコースも提供出来ます。
(Yieldワークはロルファーである田畑さんの触れ方です。ゆだねてもらう触れ方です)

同会場にボーノさんもいるので、2人まで一緒の時間帯に申し込みが可能です。

予約が必要ですので事前にご連絡お願いします。

からだのみかた Rolfing
電話:080−5389−4342
rolfing.kagoshima@gmail.com

古武道2017
先日、古武道大会を見に行って来ました。
記念すべき50回記念のゲストとして俳優の榎木孝明さんが来てくれていました。
以前にテレビでたまたま見た事があったんですが、若手の俳優さんに体の使い方として古武術を教えられていました。
その時の動きが滑らかでカッコ良かったのを覚えています。
今回は「薩摩人の品格」と言うテーマのシンポジウムでした。
お話の内容がすごくボディワークの世界観?今の仕事の世界観と近い部分も多くてスーッと体に入ってくる事が多かったです。

そのシンポジウムの途中で古武術の簡単なデモをしてくれました。
立っている武術家のむねの辺りを指一本でスーッと押すと後ろに倒れちゃうってデモです。
長年鍛錬していると正中線が見える様になり、その正中線のズレをピンポイントで押すとバランスを崩して後ろに倒れるって事です。
これを倒れなくするためには、モデルの人に踵をストンと落とし、肩甲骨をストンと落とす。
すると、、、 (^-^)
耐えられる様になります。
軸がある状態です。
この状態は気が入った状態と言う事でした。

この状態の気を少し外らせると,,,
また耐えられない状態に。

また次は言葉を使ってこのデモを行いました。
モデルの人に「ありがとう」と一言言ってもらるとまた耐えられる状態になります。
「バカヤロウ」でも同じ様にやって見ました。。。
耐えらえません。(≧∇≦)

次は「頑張る」では??

耐えられません。(°▽°)
「頑張る」は「ありがとう」の仲間では今回は違っていました。

続いて榎木さんが提案してくれたのは「頑張る」を「顔」+「晴れる」の「顔晴る」でイメージしてガンバる言ってもらいました。
耐えられます (^-^)
不思議ですね。

5月に開催したロルフィングDaysの初日に「ありがとう」の言葉と動きのデモをみんなでやったんですが、正中線を押せる様になるとこのデモの方がわかりやすいなーって思いました。

またこの言葉のデモは介護の人にも応用が出来るそうで、横になって寝ている人を起こす際に「ありがとう」と「バカヤロウ」を比べると、変化がすごくわかりやすかったです。

何事も心を入れると、色んな事が変わりますね。

古武術は色んな所に応用出来ます。榎木さんはラクビーに応用して教えていらっしゃるそうです。
サッカー選手で取りいれている方もいらっしゃいます。
施術の世界でも応用出来ると思っています。
鹿児島のボディワーク仲間に話をしたら、同じ様に古武術系の人に興味があったみたいで、6月から月1ペースで練習会を始めました。「触れ方練習会」という名前で今2回目が終わって、次は8月21日の予定です。
出来ない事を練習するので地味な時間ですが、得意な人も苦手な人も興味があればご連絡下さい。

また9月に武術家の日野晃さんのワークショップもオススメです。
身体にだけじゃなく、言葉を届ける事や、正面に立つということ、色んな事を実体験で考えされられます。
本当に言葉を受け取ると周りへの音の響き方が変わったり。
魅力的な時間です。

8月は種子島少し帰省します。種子島でセッションに興味がある方はご連絡下さい。
詳しい日程をお伝えいたします。

からだのみかた Rolfing
http://karadanomikata.p2.weblife.me/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。