上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月になり桜島がちょっと活動的になって来ましたね。(15日現在で29回/2月)
私も先週はちょっと活動的でした。
クレニオ・バイオダイナミクス(レベル2)のトレーニングに参加して来ましたー

このシリーズで学んでいく事としては

・バイオダイナミクス原理のボディーセンターの経験
・胚発生の理解、ブループリントについて
・個々のhealth(全体の潜在能力)へのコンタクト
・頭蓋の解剖学を結び付ける:骨、膜、神経学
・知覚的な感受性とリスニングtouchを広げていく

こんな感じです。(コピペしました)(>_<)
クラニオ2016年2月②

そして今回のレベル2のテーマは
『内臓頭蓋:自己表現とソーシャル神経系の扉』でした。

内臓と神経頭蓋との関係であったり、顔面の発達におけるフルイッドフィールド、咽頭アートとその派生、迷走神経へのワーク、など
色んな事が学べた、魅力的な時間でした。
何より前回よりちょっと知覚の感度が上がっていたのが嬉しかったです。(^_^)。
4ヶ月間、色んな方に受けてもらったおかげです。
だけど今回じっくり知覚に向き合ってみて、今までなんとなーくでやってた部分が多かったなって反省しております。
この4ヶ月の間にクラニオ受けられた方には是非もう一度受けてもらいたいです。

セッションでは知覚、感じる力がけっこう重要になってきます。
知覚を広げたり集めたり形を変えたり、クライアントさんとの状態を感じたり、部屋の空間を感じたり、などなど。
実に様々な事をおこなっています。
また様々な事が起きています。
例えば、クライアントさんがベットに横になっていて、プラクショナーが知覚に立っていたとしましょう。
パット見、外からだとお互いの空間が止まっているように見えるかもですが、お互いの思考が動いて、感情が動いて、場の空気が変わる。
見えないところで時間と共に色んな動き(流れ)が起きているとも言えるでしょう。
見えないものを感じているので、『それは確かなものなんですか?』って聞かれる事があります。
それを感じている自分の身体を観察しているので、現実に起きている現象を追っているので確かなものだと言えると思います。

ですが感じにくい時もあります。
色んな問題があるかもしれませんが、自分の状態に問題がある事が多々あります。
そんな時は、コアを探す事はもちろんですが、立ち位置をちょっと変えたり、向きえをちょっと変えるだけでも解決する事があります。
思考に囚われ過ぎず、何かをちょっと変えるだけでいいんです。
答えは意外と身近に潜んでいます。

最後に
映画もえよドラゴンより
ブルースリーが少年に稽古をつけるシーンでの一言。
『 dont think,feel 』
『考えるな、感じるんだ。』

自分は何かを経験した時、すぐに言葉に変換して自分に落とし込むという作業をしたがります。
でしが感じている事全てを言葉にする事なんて不可能に近いくらい大変な作業です。
それ位人は様々な事を感じています。
ついついこの体験は〜っていう風に考えちゃいますが、今年はもう少し感じる時間を増やしていこうかなって思ってます。
今までトレーニングでは結構メモを取るタイプでしたが、今回はメモを取る時間を極力抑えて『feel』していました。
こっちの方が好きかもです。(^ ^)

でもメモが悪いって訳では無いですからね。
メモをキーワードに手掛かりにその時感じた体を再現出来る時もあるので、必要とも言えます。
何事も程々にって事ですね。

最後に頂いた写真を紹介します。
クラニオ2016年2月④

集合写真をタイマーで撮ったら連写で笑いとツッコミが起きたシーン。

クラニオ2016年2月③

その後キチンと撮影出来たシーン。

クラニオ2016年2月⑤

交換セッションしているシーン。


鹿児島でクラニオ・ダイナミクスに興味のある方は気軽にご連絡ください。
お待ちしております。

ロルフィング 鹿児島
rolfing.kagoshima@gmail.com(平原)






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。