上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.08.13 古武道
古武術大会①
先日、鹿児島の古武道大会を見に行ってきました。

古武術大会④
なぎなたがあったり

古武術大会②
合気柔術があったり

古武術大会③
居合があったり

演武された流派は全10組でした。
万生館合気道、無双直伝英信流、示現流兵法、小林流空手道、薩摩影之流、大東流合気柔術、野太刀自顕流、夢想神伝流居合道、鞍馬楊心流、薙刀道。

ロルフィングのコンセプトに「重力との調和」という言葉があります。
そのヒントが古武術に含まれていると思っています。
自分自身の身体と向き合う事、相手の動きや思考を感じ捉える事、相手に悟られないスルッとした予備動作のない初動であったり。

そんな中、同期のロルファーからJARTA(日本アスリートリハビリテーショントレーナー協会)の存在を教えてもらいました。
武道・武術の概念をスポーツトレーニング理論に応用している団体です。
福岡でのトレーニングに先日参加してきました。

福岡セミナー①
代表の中野さんです。http://jarta.jp/salutation/


福岡セミナー②
いくつかの手技も教わりました。

福岡セミナー③
立甲(りっこう)のトレーニングもみんな行いました。
最近は肩甲骨をより効果的に活動させることがパフォーマンスUPにつながるといわれるようになってきましたが、その一つの形です。四足歩行するとまるで豹のようです。
以前の日記に書いた事のある忍者の先生もこの動きが出来ます。
また概念的にもロルフィングと共通の部分も多くわかりやすいでした。

古武術の魅力の一つとして「年齢に左右されない」という事を感じています。
筋力(パワー)や反射力(スピード)だけを重要視する身体の使い方をしてしまうと、どうしても一定の年齢を超えるとパフォーマンスが落ちていってしまいます。
それじゃけじゃない身体の使い方を模索する事は時間がかかるけど、それだけ価値のある時間です。
パワーとスピードだけじゃない、別の角度から身体に目を向けていきましょう~

ロルフィング鹿児島
o8o-5389-4342 (平原)
rolfing.kagoshima(アットマーク)gmail.com









スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。