東京2泊3日の旅。
すご~く貴重な時間でした。
パワーもらってきました。

そして今日は体験セッションでした。

今日のクライアントさんは身体に対してすごく向き合ってる方でした。
お話を伺いながら共感できる点が多くて楽しい時間でした。

なかでも食事の事。
身体が食べたいと思う時に、腹8分で食べる。それだけで色んな事から回復します」

人は食べ物で身体がつくられています。
食べ物との向き合い方を変えない限り、理想の身体は出来ないと思います。

栄養素に振りまわされずに、食材を手にとって『美味しそう』って感じるものを『うまい』っていいながら食べる事。それが大事だと思います。

そのためには身体と知覚バランスが整っていなければなりません。
ロルフィングではその点をサポート出来ます。

バランスを取り戻した身体は、身体が食べたいタイミングを感じる事が出来、身体が求める食材を選択出来、美味しい料理に出会う事が出来るでしょう~

ただし 美味しい料理に出会っても、腹8分は忘れちゃダメですよ。


そしてもう一つ。完璧過ぎずにする事

有機農法で作られた野菜や、玄米など、身体に良いとされる食材は多いです。
しかしそれだけしか取らないってのも、さみしすぎる感じがします。
世の中には、地球の恵みを受けた食材がいっぱいあります。
楽しみましょう~

食べた後は身体が判断します。必要だなって思えば吸収するし、異物だと判断したら排出します。
吸収した後も解毒していきます。そんな素敵な機能があります。ご安心ください。
ただし、ここでも大事なことは量です。
その解毒機能を使い過ぎはよくありませんが、使わな過ぎもよくありません。
バランスです。


食べ物と向き合う事は、周りと向き合う事につながります。
以前マンガの『築地魚河岸三代目』を読んだ時に考えさせられました。
ただし毎回、いろいろ考えなくてもいいとおもいます。

もっと自由に食を楽しみましょう~



スポンサーサイト