2010.08.14 Tarzan (本)
Tarzan(黄緑の表紙)にロルフィングの事が少し紹介されてました。。

表には、「ストレッチ事典」。

その中の94ページから8ページにわたり、「筋膜」の事が書かれてました。

中身は、8つのキーワード。

1.第二の骨格
2.筋膜リリース
3.トリガーポイント
4.関節モビライゼーション
5.アライメント調整
6.テンセグリティ構造
7.アナトミー・トレイン
8.ロルフィング

ターザンを愛読している運動系の人で、ロルフィングに興味をもたれた方も多いと思います。

海外でも、アスリート系、表現者、発声者など身体感覚に優れた方々がよく受けられると聞いた事がありますが、
個人的には、み~んな受けて欲しいと思ってます。


一つの事しか考えられない状況の人
色んな事を考えすぎる人
力を入れすぎる人
痛みにばかり目がいく人

身体をギューってしないで自由にしてあげましょう~


たまには両手に何も持たずに、歩いてみると発見があるかもですよ。




(あれ?書く内容がいつの間にか、方向がズレてしまいましたが、気にせずまた書きます)



 
スポンサーサイト