2017バイオws4
今年も、キャロル先生のクラニオバイオのWSに行ってきました。
今回は
『gut tube,腸管』の発達についての追求(口から肛門、生命維持の最初の器官)
・腎臓の発生段階とワーク
・腸管の発達と『へそ』との関係性にワーク
・歯科治療、歯科矯正へのワーク
・循環器、心臓系へのワーク

胎生学を学びつつ、交換セッション。

触れる前の状態、触れる時、今まで意識してやっていた事なんですが、今回復習することでこの準備の段階がいかに大切かを感じました。
そしてキャロルの言葉でのガイドによって、より鮮明に、よりスムーズに知覚をコントロールし易くなりました。
あの音声をお店のバックミュージックにしたい位です(^^)

今回、腸管の入口である口、そのエリアの上顎骨や下顎骨にワークする事がありました。
歯科矯正や歯科治療をしている人は、顎の周りの知覚が薄れていたり、無かったりするそうなんです。
今回のデモモデルの方に聞いてみると、そんな状況でした。
でもよく考えると、周りには歯科治療や矯正されている人は大勢います。
そんな人達みんなに、是非提案したいワークです。
「顎の知覚が失われている?ん?なんのこっちゃい」って言われるかもしれません。「普通にご飯食べる事も出来るし、話す事もできるよ」って。
でも顎の知覚が失われている方は他の部位も緊張が強い傾向があるので、顎の感覚をキャッチしづらい事が多いです。気付きにくいようです。
そして知覚が失われているという事は脳との神経系にも支障が出ているという事です。周りとうまく連携が取れていない。取れているように見えるけど、実はもっとスムーズな快適な関係性を築ける状況です。
体は一緒でも神経系がスムーズなると動きが変わってきます。

大事に事は『感覚のほとんど無い箇所があるという事を気づける事』そして『そこに目を向ける事』
ひとりでも出来ます。ですがガイド出来る人がいるとより気づける幅が広がります。

このワークはロルファーの田畑さんから学んだワークですので、クラニオコース以外のコースで受けられますので、歯科治療された方はぜひお試しください。
顎以外の場所で感覚が薄いなって気づいた方も、一度お問い合わせください。
脳との連携、筋膜の連携を取っていきましょう〜

2017バイオws1
最後にみんなで集合写真を撮りました。
座学は難しい時間帯もあったけど、初日のペアワークで何年かぶりにど緊張もしたけど、終わってみたら両手いっぱいのギフトをもらってきた感じです。
これから鹿児島でこのギフトをシェアしていきたいと思ってます。

からだのみかた Rolfing
http://karadanomikata.p2.weblife.me

スポンサーサイト
セラピストのボーノさんが鹿児島でクラニオバイオの講座を計画しております。
講師の加藤こまさんにはお会いした事がありませんが、ボーノさんのクラニオの世界観を切り開いた先生って事なので魅力的な方なんだろうなぁ〜

*********************************

九州、鹿児島にクラニオバイオがやって来ます。
『クラニオバイオの世界 - Ocean of Life』
場所:鹿児島市内(会場は決まり次第おしらせします)
日程:2017年10月21日(土)、22日(日)の2日間
受講料:44,000円
講師:加藤こま
内容:ブレスオブライフとその効能、生命基盤、原初呼吸、タイドモーション、自分とつながること
この2日間のコースで原初呼吸に注目し、触診してみます。原初呼吸それ自体が生命基盤とされ、その海の満ち引きのような運動を知覚することで深く緩んで心身がくつろぎ始めます。それは、表面的な緊張の下に潜り込んだかのような感覚、やっと自分の中心につながったような感覚として感じられます。この状態にて、自律神経系、液系、筋系などのバランス、緊張がほどかれ、心に平穏が感じられるでしょう。コース内容はクラニオバイオのこのような働きについて知ることができます。
official site :http://healingart.jp

種オーガニック⑴
@種子島でのイベントの際のボーノさんです。
2017初イベント①
マリンポートにて凧上げの風景。

ここで一句。


凧さんや

空中散歩

ぶらり旅


一句を考えると、しばらくその事しか考えなくなりますね。
小さい時、よく上げてたなーって。
竹の棒と大きなビニール袋で作った記憶もあります。
糸がスルスルスルーって出て行って飛んで行った事も・・・


そしてもう一句


向かい風

凧さんに取っては

ご馳走だ


凧の事を考えたら、そういえば向かい風を力に変えて上昇してるなって。

楽しそうだなって見えたので。(^ ^)

ただ文字数がちょっと合ってないですが・・・

完成度は高くありませんが、皆さんも一句に挑戦してみてください。


2017初イベント③
今年初のクラニオ会議(仮)in ハンズcafé 

クラニオ・バイオの魅力をもっと大勢の方に伝えられるようにするには、どうすればいいのか。そんな話をしてきました。

全ての人、生き物に対して、全ての根本的なものにアプローチする手技なので、色んな方に提供出来るのですが、逆にこういう人向けってあんまり限定しないので、何に良いのかぼんやりしている印象があります。
ですが、ケガや病気を治すのも、疲れを取るのも、日常生活をおくるのも体自身の回復力(生命力)に委ねられます。
食べ物、サプリメント、水、薬など体に必要と思われているもの、体に良いと言われているもの、数をあげたらキリがないくらいいっぱい存在します。
ですがそれを吸収し体の糧にしているものは体自身です。体が選択しています。
周りのものに気を付ける事も大事ですが、その体の事をもう少し大切にしてもらえたらなって思います。
大切にしてもらえたら体はちょっと回復力(生命力)を上げるでしょう。

大切にするって事は過保護にする訳ではありません。
観察する事、見守る事、行動する事。
などなど(^∇^)ノ

個人的な意見としてなんですが、施術の後ちょっとだけ自分の体に向き合いやすくなってる感じがします。
その感じがちょっぴり心地いいです。

話がちょっと逸れてしまいましたが、今回のミーティングでは個々でできる事も色々あるけど、せっかくならイベントを一緒にしたいなという話をちょっぴり進めました。

開催地はまずは種子島と鹿児島市。
他のエリアでもリクエストがあったら調整してみたいと思います。

それとですね、クラニオを女性のセラピストから受けてみたいという方がいらっしゃったらご連絡ください。
具体的には決まっていませんが、定期的に種子島から上がってくるかもとの事でした。

2017年、ひとつひとつアイデアや思いを形にして行こうと思います。

(次はロルフィングの事も書いていきますので、しばらくお待ちください)